正岡子規

日本の俳句の巨匠 正岡子規の知人・友人の本を読んでいるところである。「昭和史を陰で動かした男」 その中に昔の日清戦争時に衛生兵としている働いた五百木瓢亭という人があった。その人生を書いた本を現在読んでいるところである。正岡子規という人は俳句を作るにあたって
いわゆる写実性というものを重視したそうだがいわゆる自分をあまり表に出さず、感じたことをそのまま表現するという写生で表現するというそういう趣向だそうだ。そう言われてみれば自分は今まで自分さえよければと前に出てきたそういう風潮があり時には人を判別したり識別したりそういうようなことをした結果、人を見下したりそういうことをしてきたかもしれないそういう事をこの本を読んで反省しているところである、まがりなりにも今現在俳句を作ってはいるが正岡子規という人は弟子を育てるにあたっても本気でかかっているようで、それには精神というものが日常の生活というものに関係していて、質素な生活というものがあればこそ俳句というものはできるというそういう風な生活をしていたことが俳句の原動力になっていたようだ。まあ厳しい生き方がなんだろうなあ。小生みたいに 努力しても報われないのもある意味 何かが培われているのかもしれん。


I'm reading a book of an acquaintance and friend of Shiki Masaoka, a master of Japanese haiku. "The man who moved the history of the Showa era behind the scenes" There was a person named Hyotei Hyotei who worked as a medic during the old Sino-Japanese War. He is currently reading a book that describes his life. A person named Shiki Masaoka wrote haiku
He seems to have emphasized so-called realism, but he seems to have the intention of expressing what he feels as it is, without exposing himself so much. When I was told that, I had such a tendency that I had come up before as long as I was the only one, and sometimes as a result of discriminating and identifying people, I looked down on people and did such things. I'm reading this book and reflecting on that kind of thing, and although I'm writing haiku right now, It seems that the driving force of haiku was that he had a life like that that he could do haiku only if he had something to do with his daily life and lived a simple life. I wonder what a tough way of life is. Something may have been cultivated in a sense that even if you make an effort like I am, you will not be rewarded.


昭和史を陰で動かした男―忘れられたアジテーター・五百木飄亭―(新潮選書) - 松本健一
昭和史を陰で動かした男―忘れられたアジテーター・五百木飄亭―(新潮選書) - 松本健一

渋沢栄一の大河ドラマ始まったが 伝記を読んでゐるので 符合してゆくのが面白そうである。

屋根雪の おちて白磁の 岩となる

タグ:正岡子規
posted by hosi at 04:16 | 青森 ☁ | 読書感想文