寒すずめ


現在オリンピックのまとめる組織にあたって、女性蔑の発言があったとかで問題になって騒いでいるが、心に思っていても口に出すか出さないかで政治家は批判されたりするものである。底辺で生きる小生にしてみれば その対策として座禅したり瞑想にふけったりそういうものを定期的にしていればなくなってゆくのではないであろうか。昔 中曽根首相が座禅していたがあれは決して悪いことではない小生も仕事に行く前にソファーに座って黙って今日一日どう過ごすか、あらためることはないかということを思い浮かべて仕事に行くのである。まあ、自分が組織を仕切っているんだというよりも 組織を、または仕事をおおせつかっているんだという謙虚な心が重要なんであろうな。

Currently, there is a lot of noise about the organization that organizes the Olympics, such as the remarks made by women, but politicians are criticized for saying or not saying it even if they think about it. For me, who lives at the bottom, she may disappear if she regularly does meditation and meditation as a countermeasure. A long time ago, Prime Minister Nakasone was zazen, but that's not a bad thing. Before I go to work, I sit on the sofa and keep silent, thinking about how to spend the day today, and I'm going to work again. is there. Well, I think it's more important to have a humble mind that you're in charge of the organization or work, rather than that you're in charge of the organization.



道行けば ぱっと散るなり 寒すずめ


posted by hosi at 04:33 | 青森 ☁ | 読書感想文