外を見る

おろるおそる 外を見る

 何故か 今日は雪かきをせんといけないのであろうかと 玄関の前をドア開けて見るのである。 おお、今日は雪かき必要ない。

雪あれば雪かきをしないと 女房の機嫌が悪いからである。コンピュータ言語 パイソンを始めたが 一からわからん ダウンロードもままならないがネットで質問を投げておいたが こんなこともわからんのかと叱られそうである。 そんな津軽人であるが このコロナ なんとか収束してほしいものである。 ステイホームで パイソン言語が理解習得ということにはいかんかのう。

 今回の伝記は 「小林 一三」という人物であるが 時代の先を見据えた男ということで 小生にはパクリできるかどうか不安である。このパイソン学習においてさえ不安な感じで。


小林一三 時代の十歩先が見えた男 - 北 康利
小林一三 時代の十歩先が見えた男 - 北 康利
posted by hosi at 06:55 | 青森 ☁ | 読書感想文