虫の声

ひまわりや 三十五度の 風に萎え

夜になっても 虫の声を聴けば 何故か心安らぐ 津軽である。


西目屋の 夜のしじまで 虫の声


津軽 (新潮文庫) - 治, 太宰
津軽 (新潮文庫) - 治, 太宰

posted by hosi at 23:56 | 青森 ☀ | 読書感想文