平凡という名に後れをとれないようについてゆく

何かこう 世間を観てゐると 先頭は戦闘だという気がしてならない。 お金もさしてなく 生活を毎日コツコツ生きて
平凡という名に後れをとれないように何とか ついていっているときが 我々 凡人は一番 幸せなんかな・・・。


小屋の前 雨で雪とけ 草も見え
posted by hosi at 03:35 | 青森 ☔ | 読書感想文