google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

秋の薔薇

秋のバラ 花はちぎれも 色紅で

寂しくなってきたのう、電気毛布のひざ掛けも 活躍しておるわ、職場の朝の通勤時 バラを見かける 家があるが、 そのバラに どこか
寂しいが、気骨はあると 花の女王としての。


ああ、香りでも いただければと思いつつ 通り過ぎてゆくのである。


posted by hosi at 04:39 | 青森 ☁ | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0