google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

紅の記憶 藤沢周平 全集第4巻

下手な人生訓本より 藤沢周平というようなタイトルの本があったが、今回は自分でもたまには羽目を外して 図書館でも 無理して 意外な本の棚のところの 紅の記憶 藤沢周平 全集第4巻を読んでみた。 三島の小説と違って 分かりやすかった。 でも なかなか 言葉ではあらわせない 日本人の無言の 暗黙の大事なものを 教えられたような気持がした。 なるほどね・・・。 君たちも これら 藤沢修平野 小説
全部読んだころには 味のある サラミのような スルメの様な人になってゐるかもしれない。 自ずと・・・。


posted by hosi at 18:06 | 青森 ☁ | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0