google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

数学の大統一に挑む エドワード・フレンケル 著

五次方程式の以上は解の公式はないということをガロアの意外な理論で証明できるということと関係があるというがあるということも

この本の内容と関係があるというラングランズ・プログラムの話である。

 不本意ながら 最後まで 魅せられて 読んでしまった 俳句作りの 読書感想文のパクリ主 俳号 古葉の昨日の一日であった。

量子力学を 多少なりとも噛んできた 小生にとって 数学と量子物理とは似た 現象が時に現れるという、それは 多少なりとも

知識としては知ってゐたが、 これら群論は 原子の世界での 例えば 中性子がさらなる構成要素から たとえばクオークなんてものから

成り立っていることを発見する きっかけにもなったんだってね・・。 小生は 前までは 電子顕微鏡的なもので

実際に それらを拡大してでないと見えないものではと信じてもらえないものだと思っていたが、いまは 実際見えなくても

それらの理論で完成されていれば 世界は認めるとか・・。という話を教えてGOOで知った。まあ、それにしても 数学は神の領域であるよ。

数学の大統一に挑む
数学の大統一に挑む

数学の細かい話は 当然 古葉もわからないが、おおよその概念なんか つかめれば それでいいと思う いまは・・。 それに 彼の父が

ユダヤ人であることの理由で これまでの数学への 道のりの話が 非常に ためになると思うので この秋 読んでみたら・。


夜の夜中に ユーチューブで 起きても見たわい。






posted by hosi at 04:09 | 青森 🌁 | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0