google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

田中角栄の知恵を盗め 小林吉弥 著

ああ、田中角栄がいなくなってから何年になるんであろう・・・ 面白く 愉快な時代でもあった、ロッキード事件というのもあったが
あの時 尊敬する上司でも 何も自分の懐ばかりにピーナツを入れたわけでもないのに ああも責めるなんて と妙に田中角栄の肩を持ったもんである。 自分も妙に潔癖さというもので 人間の高潔さというか そんな安っぽいふりをしていたのが 今この歳になって 恥ずかしい。
なんだか この前 田中角栄が この本を読んだ晩 夢に出て来ていて 小生を何となく 慶ばせていたようだった。

 とにもかくにも 人間の機微を磨くに 一度はこの本を読んでみるべしである。 でも 演説で出てくる あの計画など予算などの見通しの
数字を覚えているという その記憶力 やはり それには 我々 凡人には 真似はできないようだが・・・。



復刻 田中角栄の知恵を盗め (主婦の友生活シリーズ)
復刻 田中角栄の知恵を盗め (主婦の友生活シリーズ)




posted by hosi at 16:38 | 青森 ☀ | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0