google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

秋の星

夜中に 目を覚まし 布団の中から 窓ガラスを通して 秋の夜の星を 虫たちの合唱を聴きながら 眺めてみるのもいいもんだ。

くっきりと 他はぼんやり 秋の星



みなさん 知ってたかい あの星 一個は 実は一個ではなく ほとんどが 銀河 つまり 星の集団だってこと、そしてそして
その星の集団が 接近しても 衝突ということは 殆どないそうだ。 それはそれは 例えていえば銀河の中の星 地球の大きさが東京でのピンポン玉とすると それに一番近い星が九州の都市のピンポン玉になるとかで 接近しても実際の一個の星と一個の星が ぶつかるのは殆どなく交差して素通りになるとか・・。

宇宙って 広いもんだよね。 そんなことを考えてる 秋の夜でありました。




銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ) (扶桑社コミックス)
銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ) (扶桑社コミックス)
posted by hosi at 04:15 | 青森 ☀ | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0