google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0

アイスバーン

ああ、もう道路も 滑りやすくなってきた。 根雪かな・・・

紅葉葉を プリントアウト アイスバーン
posted by hosi at 17:39 | 青森 ☁ | 読書感想文

夜寒

ああ、電気毛布も そろそろ活躍する時がまた やってきたわい。 ホカホカロン は ほかほか論ではないが、どれだけの
グッズ持っているであろうか、手袋 腹巻 コート 皮手袋 まあ 考えてみれば 皮なんど ある生き物の皮を 剥ぎ取り それを
前面に出して 自分をまず守るとすれば 卑怯だともいえるかな 人間は・・・。


夜寒かな 電気毛布に けもの肌


津軽は 一面 今朝は雪と相成った。
posted by hosi at 06:31 | 青森 ☁ | 読書感想文

小欲が災いを避ける

人間 欲だしたら 何かこう 悪いことがつくような気もする。 何事も 六分目 八分目で 返ってくるのが いいのであろう。 適当なところで切り上げて 満足しておくのがいいのであろう。


やきとりと日本人 土田美登世 著


やきとりと日本人 屋台から星付きまで (光文社新書)
やきとりと日本人 屋台から星付きまで (光文社新書)

柿取りて 友に送るよ 焼酎つけ







ほんのちょっとしたつまみ 焼き鳥二本くらいつまんで 缶ビール一杯で いい気分になれる。 そんな人間になりたい。
posted by hosi at 07:39 | 青森 ☔ | 読書感想文

銀杏

イチョウって 何万年も前からの植物なんだってね。

我なきも 銀杏は生きる 幾百年


posted by hosi at 03:36 | 青森 ☁ | 読書感想文

映画 二宮金次郎

秋祭りの藤崎で 映画 二宮金次郎を観てきた。 無料でなかなか いい映画で感動が伴った。 我々のイメージと
かなり違っていることは確かだが、百姓上がりで武士ともなったが、かなりの 各藩の財政立て直しなどに 貢献したようだ。
やはり 現場上がりの 力強さは違うとおも思った。 一つ一つやれば 摘み上がって ものになるということを自分は学んだ。
また、 自己を捨てて 至誠ということも学んだ。 ああ、自分も すてて何か社会の貢献に 至誠致そうか。






親子で学びたい二宮金次郎伝 (不運を幸運に変える生き方・考え方)
親子で学びたい二宮金次郎伝 (不運を幸運に変える生き方・考え方)
posted by hosi at 07:51 | 青森 ☁ | 読書感想文

初雪

初雪は 消えて南瓜葉 萎えにけり


昨日 教えてGOOに 初雪が降ってしまったが いまだ未成熟の家庭菜園野菜はどうすればいいかを相談していた。

一回は消えるのであるが、残された 野菜の子供たち あと 一か月 様子を見るということになった。
posted by hosi at 03:47 | 青森 ☁ | 読書感想文

ひらめきを生み出すカオスの法則

なかなか 面白い本であった、わからないわけではないが 年取ってからだと世間体もあって 危険なところもあるが
分かることはわかる。

私たちは 必要以上の整然さを求めるあまり 混とんとした状態を拒むところがある。しかし そこの混とんとしたカオスにこそ
なにか 閃きの何かのきっかけがあると・・・。 うむうむ そういえば そうだよな。 自分では 図書館に行っても
ジャンルの異なる 本を織り交ぜて借りてきて読んで 閃きを見つけることがある。 ただ もっと人を知ってゐなければいけないとも思った。
が・・・。 わずらわしさもあるという ジレンマもある。 歳のせいかな・・・。 いや 旅行などをすれば その壁は 打ち破ることができるかも・・。


ひらめきを生み出すカオスの法則 (T's BUSINESS DESIGN)
ひらめきを生み出すカオスの法則 (T's BUSINESS DESIGN)


posted by hosi at 18:48 | 青森 ☔ | 読書感想文

白菜

雪かぶり 白菜白く 成りにけり


ふった 冬の到来である。 寒いのに 外でならせるのも 可哀想 抜いておこうか・・・。
posted by hosi at 03:33 | 青森 ☁ | 読書感想文

津軽にも 雪がちらついてきた。昨日のうちに タイヤ交換をしてきたが、明日は福島の友人に お見舞いを送らねばと・・・。
洪水で2階で暮らしてるとか・・。

 野菜もまだ 家庭菜園で白菜が未完成でなってゐる。赤カブもまだ 小さい 成長は寒さのせいか 小さい。

粉雪や まだ少し待て 防備中
posted by hosi at 17:18 | 青森 ☔ | 読書感想文

冬を待つ

スコップは 土でも使い 冬を待つ


考えてみれば 家庭菜園で土起こしに使った スコップは 冬でも雪かたずけに使用するんで 小屋の玄関から 後ろに下げるわけにも
いかんとな・・。
posted by hosi at 06:27 | 青森 ☁ | 読書感想文

庭草に霜

ああ、もう 年賀状を書く季節になった。 早いもんである 一年は・・・。


 庭草も 白いカビかと思ったら 霜であった。 もう 寒い。 今なってゐる野菜は 白菜とキャベツと赤カブであるが どうも寒いせいか
成長止まってゐるようだ・・・。


賀状かく 歳にて数を  また減らし
posted by hosi at 07:50 | 青森 ☁ | 読書感想文

泉鏡花と永井荷風

人物がダブってゐた。泉鏡花と永井荷風である。

永井荷風 ひとり暮らしの贅沢 を読んで こんな生き方も いいものかもしれん。遊郭のようなところに通って
不要なものはもたず 気ままに 人生を過ごすということ それも 一人で 。まあ、才能があって 文章で
身をたてるということで それができるかもしれないが 妻帯者 子供など それぞれのある意味 柵もなく
生きてゆくのも 一つの生き方かもしれん。 それはそれで 認めようか。というより こんな年齢になってくるといいのでは・・・。
苦笑したところがあった。文章を読んで 文化勲章をもらって 踊り子たちが 今までY談していたのが ぱったり途絶えてくるようになったとか
。それは 文化勲章をもらうような偉いお方とは 気安く 接するなと 遊郭の経営者から踊り子 芸子たちにお達しが出たとか・・・。
まあ、偉くなる前までが いいということか・・・。


それにしても 使い慣れた最低限の彼の生活での グッズ いいね 侘びさび 入ってゐるね 年季が入ってゐるということである。
小生も 老後 こうして 大切な人生の 残り時間を生きてゆきたいものですね。それにしても 彼のYdann bunnsyou  結構 い劇的ですね。
以前 泉鏡花の金沢の屋敷も見学してきたことがあるが 似たような ところがあるね。 良いもんだね。一人暮らしも。 まあ、両人
も才能があってのことなのかな・・




永井荷風 ひとり暮らしの贅沢 (とんぼの本)
永井荷風 ひとり暮らしの贅沢 (とんぼの本)
財布折る 枯葉が札に ならんかい



posted by hosi at 03:58 | 青森 ☔ | 読書感想文

柿落とす

実り 収穫の時期になった。

柿落とす  割れれば糸で 吊るし下げ


posted by hosi at 18:33 | 青森 ☁ | 読書感想文

藤沢周平 全集 第二巻

藤沢周平の本はなかなか、短編であっても 面白く こういってはなんだが 人生訓になるような気もする。 しばらくは
全集を読み通して しまおうかとも考えてゐる 小生の友人でO君がいっていた、全部を通して 読んでみるのも 良いもんだと。「意気地なし」
も女性の 微妙な 心の移ろいを よくもまあ こんなに 描くこともできるもんだと・・。 ああ、自分は 女心を 知っておるつもりでいたが、反省反省である。



posted by hosi at 17:25 | 青森 ☀ | 読書感想文

竹婦人

年老いて なかなか 眠れなくもなって これは枕のせいではと思って 枕を様々に 変えることもある。

竹婦人 眠れぬ夜に 変える友








posted by hosi at 12:48 | 青森 ☁ | 読書感想文

無人販売の 「ふじ」 の林檎 食う

やはり ふじの林檎は 旨い。 青森津軽では 四個で 100円 ?


 えっと思うかもしれんが、無人販売で 形がいびつ 多少傷があるのは 無人販売で 売られることがあるのですが。 その無人販売
近くにあって、 朝 こっそりと 買って 自分で食べるのである。 普通 東京では 一個が200円ぐらいするのかな・・。

形は 多少 歪でも 味は むしろ 普通の ふじに比べて 旨いくらいである。



歪でも 無人販売 ふじを食い
posted by hosi at 06:48 | 青森 ☁ | 読書感想文

紫蘇の実

紫蘇の実は青いうちにとって 乾かしておけば 来年も使用できるかなと思って、田んぼから もらった藁と一緒に小屋においていた。


紫蘇の実の 干した香りに 藁馴染み
posted by hosi at 08:35 | 青森 ☁ | 読書感想文

秋掃除

秋掃除などという 季語はないが そろそろ 人生のけりを つけようか と思って 部屋の掃除をして ついつい 昔のアルバムや
手紙を ながめて 時間がかかった。柄にもなく 窓ガラスを磨いたり。



秋掃除 アルバムを観て 良く生きて
posted by hosi at 16:12 | 青森 ☀ | 読書感想文

三日月に

三日月に 明日朝爪を 切らねばと
posted by hosi at 07:25 | 青森 ☁ | 読書感想文

秋の蝶



秋の蝶 よろよろ飛んで 休むなり


ああ、小生も癌の告白 今日受ける香も
posted by hosi at 09:55 | 青森 ☁ | 読書感想文
google.com, pub-3816097492633153, DIRECT, f08c47fec0942fa0